ファッションレンタル

気温16度の服装は何を選ぶのが正解でしょうか?

投稿日:

気温16度の服装は何を選ぶのが正解でしょうか?

気温16度の状態で快適に過ごせる服装は、上着を1枚羽織って寒くないと感じる程度です。

動き回っている状態では寒さをほとんど感じませんが、じっとしていると1枚重ね着しなければ寒さで集中力が途切れます。

薄手の服1枚で調節可能な範囲であっても、本人が動いているかどうかで体感に違いが出やすいです。

気温16度は肌寒いという認識で服装で調節する

寒さに慣れている春と暑い夏を過ごした後の秋では、同じ気温16度であっても春はやや温かく秋は肌寒く感じます。

20度から23度程度で快適に過ごせる状態から、1枚上着を着込んで調度良いと感じる程度が気温16度時の服装として適しているわけです。

最低気温16度の服装は上着1枚で対応する

最低気温16度の場合は、上着1枚を脱いだり着たりして対応すれば、基本的に服装選びに困ることはありません。

なぜなら、最低気温が16度ならば日中は20度から25度程度と服装を気にせずに誰でも過ごしやすいと感じる気温となるからです。

最高気温16度は防寒対策をしっかり行う

最高気温16度の場合には、最低気温が10度を下回るので基本的な防寒対策が求められます。

自宅内ならば暖房を随時稼働させる必要があり、外出中ならばコートが必要になることを想定しなければなりません。

アウターを最低気温に応じて別途用意することにより、一日中快適に過ごせるよう工夫する必要があります。

薄手の上着ならば2枚程度、コートがあれば1枚といった形で対応しましょう。

-ファッションレンタル

Copyright© パパ活関連のQ&Aをライトなものからディープなものまで集めました! , 2021 All Rights Reserved.